【ぬりかべ屋SHIDO】土壁・漆喰・土間たたきを販売!品揃えが豊富

よくある
ご質問

よくある質問 FAQ

よくお客様からSHIDO宛てにお問い合わせいただく内容をFAQ形式でまとめています。漆喰(しっくい)をはじめ、各種施工の際のお困りごとや、商品についてご不明点御座いましたら、こちらご参考下さいませ。

漆喰(しっくい)についてのご質問

  • 内装に塗る漆喰(しっくい)のトップコートはどの商品になりますか?

    『ローラーで施工!漆喰壁のリペア材』がございます。白色の撥水剤で漆喰(しっくい)の汚れを隠蔽します。

  • 合板(コンパネ)の上に漆喰(しっくい)は塗れますか?

    可能です。
    合板はアクが出やすいため、下地には、ぜひ付着力向上・アク止め・水引調整を兼ね備えた『島かべプライマー』をお使いください。

  • ボードベースは合板に塗れますか?

    "合板はアクが出やすいのでプライマーでアク止め処理をした後であれば、ボードベースを塗ることができます。
    ボードベースの施工後、アクが出た場合は再度『ボードベース』を施工して下さい。"

  • ビ二ールクロスに漆喰(しっくい)を塗ることは可能でしょうか?

    塗り替え可能です。
    ビニールクロスはアクがが出やすく、直接上塗り材を塗ってしまうとアクが浮き上がってきますので、まず、下地処理としてアク止め効果のあるシーラー材を塗る必要があります。アク止めシーラー材には『島かべプライマー』をお使いください。

  • クロスのリフォームで『下地材ボードベース』を使用予定です。
    『ボードベース』にあく止め効果はありますか?

    あく止め効果はあります。
    しかし汚れがひどく、表面を清掃しても落ちない汚れが確認できる場合は、『あく止めシーラー』を塗布してから『ボードベース』を塗った方がより丁寧な方法になります。

  • 『島かべネット』と『麻ネット』の違いは何ですか?

    『島かべネット』は耐アルカリ性で漆喰(しっくい)に対応しています。
    『麻ネット』は吸水性が高く土壁などに使います。どちらの製品も壁の収縮による割れを防ぐ役割があります。

  • 漆喰(しっくい)を塗るとき下地処理しないとどうなりますか?

    下地の水引が強いとドライアウト起きたり施工がことがあります。これらの対策として、SHIDOの『漆喰ベース』や『ボードベース』は上塗りの施工の水引を調整します。

  • 瑞黒(ずいぐろ)は外部にも塗れるますか?

    可能です。
    『島かべ瑞黒(ずいぐろ)』には油が混入されており、撥水性能があります。なので外部にも内部の施工方法と同じように施工できます。

  • 粉末海藻糊を入れて乾燥の速度を抑えたいのですが、
    目安はどのくらいでしょうか?

    100gを目安に追加投入してください。
    それでもまだ乾燥はやいと思う場合は、少しづつ量を増やして調整してください。

  • 繊維壁の上に新しく漆喰(しっくい)や土壁を塗りたいのですが
    問題ないでしょうか?

    上には塗り重ねず、新しく塗り壁をする場合は、繊維壁部分は剥がしてください。
    繊維壁は元々強度が高い壁ではないため、塗り重ねると、繊維壁部分から剥がれてくる事があります。

  • 漆喰(しっくい)を塗っている中で、乾燥がはやい場合、
    どういった処置を行えば良いでしょうか?

    海藻糊を漆喰(しっくい)に混ぜてあげればかなり改善できまます。
    海藻糊は漆喰(しっくい)をモチモチにして、保水するようにしてくれます。

  • 中塗り土の上に中塗り漆喰(しっくい)を塗って、
    内部の壁を仕上げとしたいのですが、いかがでしょうか?

    おしゃれでよいと思います。
    最近中塗り漆喰(しっくい)を仕上げとする方が増えています。仕上がり表面が従来の漆喰とは違い、ザラザラした感じが新しいのかもしれません。

  • 中塗り土の上に『しっくるん』は施工できますか?

    従来の漆喰(しっくい)と同じなのでもちろん塗ることは可能です。
    ただし、しっくるんはローラー・刷毛で塗る漆喰(しっくい)で塗り厚が薄いため、下地となる中塗り土は真っ直ぐにしてください。

土壁についてのご質問

  • 中塗り土での塗りつけの際、鏝離れがよくないのですが、
    どうすればよいのでしょうか?

    砂の割合を増やすことで、鏝離れを調整できます。

  • 荒壁の施工時に壁と柱の隙間ができないようにするには
    どうすればよいでしょうか?

    塗り壁には乾燥収縮といわれる現象があり、特に荒壁は厚塗りなので乾燥による収縮は大きくなります。荒壁から中塗り土や漆喰など、塗り重ねていくと塗り厚が薄くなるので隙間が小さくなります。

  • ラス網に直接、土壁は塗れますか?

    直接塗ることはできません。
    ラス網は鉄でできており、中性の土壁は鉄製のラス網の錆の進行を進めるからです。

  • 土壁強化剤『土強(どきょう)』は土壁であれば、
    どのような状態でも効果はありますか?

    土壁であれば効果はありますが、風化した土壁表面に出てきている、手で触るとすぐ落ちる砂に対しては効果を発揮しません。
    古い土壁補強にご利用いただく場合は、まず表面をほうきなどで掃き、弱く、もろい砂部分を落としてから『土強(どきょう)』を塗布してください。

  • 土壁の割れた感じを出した仕上げをしたい場合、どうすればよいでしょうか?

    中塗り土仕上げはいかかでしょうか。
    本来は中塗りのため表面は少し荒く、ひび割れも大胆に出ます。

  • 土壁補修で『漆喰ドカッと!』を使おうと思っているのですが、
    素人でも塗れますか?

    どなたでもお使いいただけます。『漆喰ドカッと!』は材料が軽いため扱いやすい商品です。
    土壁補修の場合、同じ土壁の中土(なかつ)を使用するか、『漆喰ドカッと!』を使用するかのどちらかの選択になりますが、塗りやすさ、作業性だけで判断すれば断然『漆喰ドカッと!』です。

  • 土壁が部分的に竹から離れて、押すとポコポコとなります。
    補修の際はそのまま土壁を固めて行えばよいでしょうか?

    竹から離れて浮いている状態なので、浮きが確認できる部分は全部剥がし落として、しっかり壁に定着している部分のみ残してください。土壁を固くしても、壁に定着していない浮き部分は、補修後すぐに剥がれてきます。

  • 荒壁土に荒すさを混ぜて、すぐに塗っても大丈夫ですか?

    大丈夫です。
    ただし混ぜてから少し寝かせた方がすさが水分を吸い込み、非常に塗りやすくなるので、塗る予定の前日にでも混ぜておく事をおすすめいたします。

  • 荒壁土と中塗り土はどういった点が違いますか?

    荒壁土は淡路真砂土と淡路土をブレンドし、粒子を少し荒くし、厚く塗れるようにしてあります。対して中塗り土は淡路土のみを使用し、篩いにかけ、細かい粒子の土で荒壁土に比べうすく塗れるようになっています。

  • あく止めシーラーは水で薄めて使ってもよいでしょうか?

    ダメです。
    必ず原液でご使用ください。水で薄めるとあく止め効果が弱くなり、本来の効果が得られません。

土間たたきについてのご質問

  • 『重吉たたき』や『ウルトラソイル』は雨に濡れても大丈夫でしょうか?

    雨に濡れても両製品ともに、問題ありません。

  • 『重吉たたき』施工後、表面が白くなって土色がきれいに出ていない場合、
    どうすればよいでしょうか?

    施工後の表面白くなるのは白華現象といいます。
    白華現象がみられる場合は、天気の良い日を選び、たたき洗浄剤で表面を清掃してください。白華が取れ、きれいになります。

  • もともとしてあった土間たたきが古く、削れて凸凹になってます。
    その上に『重吉たたき』は施工できますか?

    施工は可能です。
    ただし、『重吉たたき』の仕上がり厚になる4〜5僂泙埜従の土間たたきを掘り起こし、その後しっかり転圧してください。

  • 下地がコンクリートではなく、土の場合、
    『土間たたきウルトラソイル』は施工できますか?

    施工はお控えください。
    『土間たたきウルトラソイル』は硬く削れない高強度を出すため、施工後の引っ張りが強く、土が下地の場合、下地の土ごと持ち上げてくるようになり、その結果割れてしまいます。

  • 昔ながらのたたき、『重吉たたき』をコンクリートの上に施工することは
    可能でしょうか?

    樹脂入りうす塗り用モルタルをコンクリート面にしごき塗りし、モルタルが乾かないうちに(追っかけ)重吉たたきを施工するればお使い頂けます。

  • 『土間たたきウルトラソイル』は階段のような立ち上がり部分にも
    施工できますか?

    施工できます。
    くわしくは動画でご確認ください。
    https://www.youtube.com/watch?v=fAYgnGNqJqo

  • たたき表面強化剤は新しく施工した土間たたきに使用するのでしょうか?
    それとも弱くなってきてから使用する商品なのでしょうか?

    どちらにもご利用いただけます。
    表面が弱くなっているたたきを固くする商品なので、新しく施工した土間たたきに使用した場合は、表面強度が上がりなかなか劣化しなくなります。

その他商品や購入について

  • ネットがよくわからなくて・・・電話の注文でもいいですか?

    もちろんです。0799-85-1147までご連絡ください。

  • 施工するにあたって、もっとくわしく聞きたいんですが・・・

    お気軽にご相談ください。 お電話・ お問い合わせお待ちしております。